ボクは病気を持っている結果

ボクは病気を持っている結果、飲んでいる薬の副作用で太って仕舞う傾向にありました。そのため、色々な減量法にチャレンジして、痩せてはリバウンドを繰り返してきました。

あんまり食べなければ良いんだよなぁ、として野菜食だけにしてみました。その時は確かに痩せましたけど、ぎすぎすな感じになってしまって…スキンも乾燥、歯もズタズタ、髪も抜け放題な状態になってしまったんです!

何がいけなかったんだろう、って必死に調べまくった数字、サッカリドの取り過ぎというタンパク質が少なすぎることが判明しました。そうして、さらに突き詰めていった要素、サッカリド前提という減量法があるという知ったんです。

そうして一旦、大好きだった食べ物(白飯)を止めて見ることから始めました。元々、早朝昼間兼用の1食という、夜の1食しか食べていなかったので、食べる循環は専ら、2食とも主食と呼ばれるもの(めし、パン、うどん、蕎麦、パスタなど)は一部始終食べないようにしました。

その他の詳しいサッカリドはほとんど気にすることはなく、幾らか気にかける程度で実践していました。その結果、初めの月で3kg痩せこけることができて、その後も1ヶ月に1~2kgずつ減っていって、半年を過ぎた周囲で10kgの減量に成功することができたんです!

サッカリド前提の途中でアッという間にMEC食という、肉・卵・チーズを食べてやせるというものをちょっぴり吸い込みながら、とことんお肉を根こそぎ食べるようにして、後は夜の晩酌の時にはチーズというバターをタップリ食べるようになりました。

サッカリド前提は主食と呼ばれるものを止めるだけで、お肉やお魚は食べ放題ですし、お酒も等級を気をつければ避けなくて良いので、大いに手軽にできる減量しかたです。アルジュナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です