鼻呼吸だと呼べる人間もいるかもしれません

あなたは寝ている間、口で息をしていますか?それとも鼻で息をしていますか?

起きているシーンなら、独自は鼻呼吸だと呼べる人間もいるかもしれませんが、寝ている間の店まで自信を持って答えられる人間は少ないと思います。呼吸はなるたけ鼻からした方が鼻毛のフィルターで屑も避けるし、のども潤って体調に良さそう、は分かっていても、終日年間呼吸の店だけを考えているわけにはいかないので、実践するのはほんとに厳しいことです。

わたしも、鼻で呼吸した方が感冒をひきづらいらしき、という嘘は聞いていたものの、一向に寝ている間に口呼吸になってしまい、昼前起きると口がカラカラに乾いていたり、よだれがたれていたりしました。寝ている間に口が開かないよう貼っておく専用のステッカーも薬屋で売っていますが、四六時中取り扱うのはお金がかかります。そこで私は、益々安い和紙製のサージカルテープを口に縦に貼って寝ることとしてみました。

肌の敏感な人間には、はからずも向かないかもしれませんが、せめて私は何ら問題ありませんでした。一夜貼っていても、赤くなったりかゆくなったりせず、自然と鼻呼吸で眠ることができます。これを数か月続けてみたところ、感冒をひかなくなっていることに気付きました。旬の変わり目には、絶えず鼻水が出ていた私ですが、それが極めてなくなりました。

やはり人ですから、たまには鼻がつまっている日もあります。そんな日に無理してテープを口に貼っていると、途中で息が出来なくなってしんどい狙いをしますので、そんなときは不能せずマスクをすることにして、テープは貼っていません。それに、テープを貼って口を埋めることが習慣になってくると、ちらほらテープを貼らなくても、自然と口を閉め切るようになります。およそ口や舌の筋肉が、口を閉じるのに役に立つかたちに鍛えられるのだと思います。

威力はないかもしれませんが、数か月で作用が実感できると思います。感冒をひき易い人間は、ぜひ試してみてください。xn--vek413j3wbxtgburo2vejq.xyz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です